米大統領選がプロレス化!? 最有力候補トランプはまるで「バディ・ロジャース2世」

高慢ちきなエスタブリッシュメント

shutterstock_87801532

source:http://www.shutterstock.com/

 

アメリカのプロレス団体『WWE』はかつて、『WWF』という名称だった。そのまた前の名称は『WWWF』だ。そしてその『WWWF』の初代チャンピオンが、バディ・ロジャースなのだ。

ロジャースのスタイルを一言で言えば、“高慢ちきなエスタブリッシュメント”である。腐るほどの金を持っている、アメリカ最古参移民の白人。だからロジャースは、労働者や後発移民、有色人種を見下す発言を繰り返す。

このレスラーについて、ライターの柳澤健氏が著作『1964年のジャイアント馬場』において興味深い考証をしている。

<ロジャースは、誰もが心の中に秘めつつも、決して表に出すことのできない“反社会的で幼児的な自己愛願望”をリング上で全面的に解放した。

大人の世界では決して通用せず、病気としか思えないような子供っぽいナルシシズムが、プロレスのリング上では全開となる。だからこそロジャースは真面目な大人たちから罵声を浴びつつ、若い女性や子供たちから熱狂的な支持を集めたのである。>

ロジャースの言動も一種の“炎上商法”と言えるかもしれない。だが、プロレスというのは、“歓声”と“罵声”はまったく同じ意味合いを持つ。いいレスラーは“大衆から注目されるレスラー”であり、人々の関心を集めることができない三流レスラーには、その“罵声”すら飛ばない。

そして人々の心の中には、「すべてのしがらみから解放されたい」という密かな願望がある。口に出さないまでも、誰しもがサディスティックで差別的な感情を少なからず抱いている。もちろんそれを口にしたら最後、その人の社会的信用は跡形もなく吹っ飛んでしまう。

だが、それを自由に叫ぶことのできる場所がこの世に存在したら? SNSで著名人が良識を疑われるレベルの問題発言をし、またそれを積極的に支持するネットユーザーが一定数いるのは、そういう理屈だ。

 

歓声と罵声

ロジャースは“しがらみとは無縁の男”を演じることで、毎回のように試合会場に万単位の観客を集めた。彼が本当に大衆から冷たい目で見られていたのなら、番号のついた椅子、つまり指定席はどれも無人だったはずだ。“憎むべき男”の姿格好を、わざわざ金を出して見る人間はいない。

観客の誰しもが、実は心のどこかでロジャースに憧れている。

「どうせこの世に生まれたのなら、他人に物怖じしないエスタブリッシュメントになりたい。なぜ自分はそうならなかったんだ。」

そこからくる嫉妬が、ロジャースへのブーイングを生み出した。そういう意味でも、“歓声”と“罵声”は同質なのだ。

トランプ氏は、『WWE』に接することで、そうした効果を呼ぶプロレス的パフォーマンスを学びとった。いや、もしかしたら彼自身ロジャースの試合を観たことがあるのかもしれない。こればかりは裏付ける資料がないので何とも言えないが、1946年生まれのトランプ氏がロジャースの試合を観戦していたとしても、何の不思議もない。現役時代のロジャースの主戦場は東海岸地域で、トランプ氏はニューヨーク出身だ。

ちなみに、ロジャースの両親はドイツからの移民、トランプ氏の父方も同じドイツ系である。彼らは決してエスタブリッシュメントすなわち先発移民ではないのだ。

 

ショーと化す選挙

Man with a Note and a Single Word Vote

source:https://pixta.jp/

 

前回のアメリカ大統領選挙でよく聞かれた単語が“better”だった。

前々回の選挙では“change”という言葉を掲げ、驚異的な支持を広げたバラク・オバマ氏。だがその熱は4年のうちにすっかり冷め、オバマ政治の失点が目立つようになってしまった。人は艶よりも汚れに目が行きがちだ。しかしだからといって、オバマ氏以上の大統領候補者はいない。2012年の民主党支持者にとって、オバマ氏は“better”な人物だった。

それは共和党でも同じだ。大統領選への立候補を表明した人物は多かったものの、共和党員の誰しもが頷くような候補者はいなかった。結局、一番“better”な存在と認識されたミット・ロムニー氏が共和党候補として本選を戦う。

大統領選挙のマンネリ化が訪れたのだ。もっとも、政治選挙にマンネリか刺激的か、という要素を求めること自体がおかしな話なのだが、それでも大衆は候補者の宣言する公約よりも“キャラクター面でのインパクト”を求めるようになっている。

そして、もう一つ。アメリカ大統領選挙というのは、党の指名候補者に選ばれさえすれば本選で一定数の票が約束されている。この国の大統領選は直接選挙ではなく、「市民がどの党の選挙人を指名するか」という間接選挙だ。

だから西海岸の州で民主党の選挙人が選ばれるのは確実だし、逆に南部では共和党だ。「ロムニーは嫌いだけど、党は彼を選んだ。だから私はロムニーに投票するしかない。」という共和党支持の市民が、前回の選挙では相次いだ。

つまり、どんな“反社会的な失言王”でも本選では必ず善戦することができるのだ。それが世界最大の国家の大統領選挙である。

 

【参考・画像】

※ 柳澤 健(2014)『1964年のジャイアント馬場』(双葉社)

※ STILLFX/ Shutterstock

※ Hurst Photo / Shutterstock

※  Rawpixel / PIXTA

【関連記事】

※ 70年前のハイブリッドカー!? 「変人博士」フェルディナント・ポルシェの足跡

※ デキるオトナは知っておきたい「Uber騒動」の拡大、そして政治との複雑な関係

※ PHV・EV時代の到来か?「排出ガスゼロ」を担う次世代エコカーとは

※ 分岐点を迎えたテレビ、「ソフトの充実」で返り咲くか?

※ バリで話題の泥まみれ格闘技がもつ意外な役割とは

1ページ目から読む