ロサンゼルスがテスラやBMWの電動公用車288台リース導入へ

テスラやBMWの電動公用車を導入

BMW i3

source:https://www.press.bmwgroup.com/

 

具体的にはLAPD(ロサンゼルス市警察)をはじめ、LADWP(ロサンゼルス市水道電気局)、LAFD(ロサンゼルス市消防局)などの行政機関で、EV(160台)、PHV(128台)計288台のリース車を導入する計画だと言う。

公用車に電動車を採用する台数としては、この計画が全米最大規模となる。

LAPDでは、現在も電動バイクや電動スクーターをパトロールの際に利用しているそうで、今後新たにEVを100台導入する計画。

LADWPでもEV44台、PHV113台を、LAFDと総務局でEV16台とPHV15台をそれぞれ導入する。

リース車両はAmazonで販売されたことでも話題になったBMW『i3』と、テスラモーターズの『Model S P85D』となるようで、特に後者はEVの中でも半端無い加速力を誇るだけに、あっと言う間にスピード超過車両を検挙出来てしまいそうだ。

同市のエリック・ガーセッティー市長は「EVは大気汚染の原因となる二酸化炭素を排出しないため、環境に優しいだけでなく、コストをより安く抑えられるなどの利点がある」としている。

ニューヨーク市でもタクシーをEV化する政策が進んでおり、インフラ整備の進展とともにEV、PHVへの注目度アップにも繋がりそうだ。

 

【参考・画像】

ロサンゼルス市

ロサンゼルス市警察(LAPD)

Los Angeles gets greener with promise to lease more electric vehicles – Los Angeles Times

※ Digital Storm / Shutterstock

※ BMWグループ・ジャパンが総合オンラインストア「Amazon.co.jp」にて、電気自動車「BMW i3」の新車販売を開始 – BMW GROUP

【関連記事】

※ ファン待望!遂にベールを脱いだ「新型プリウス」の魅力を解剖する

※ いつもの場所で気軽にOK!国内最大規模の「EV・PHV 用充電器」が導入される

※ 竹職人が発案、高知県の不思議な「竹」を纏ったEV【クールジャパン】

※ BMWがPHVの開発を本格化!313馬力の量産PHVを発表

※ 乗り捨てできるエコな「EVカーシェア」を神戸市で試験導入

1ページ目から読む