まるで生きているよう!かなり犬っぽい動きに進化したロボット犬「Spot」

海兵隊の訓練に参加する犬型ロボット

『Spot』は、先日行われた米海兵隊の演習に参加することで、どのような状況で役立つかという試験が行われた。持ち込まれたのはヴァージニア州クアンティコの海兵隊基地で、持ち込んだのは米国防高等研究計画局(DARPA)だ。

DARPAは以前から『BigDog』という4足歩行するロボットのテストも行ってきた。

今回持ち込まれた犬型ロボットの『Spot』は、『BigDog』と同様Boston Dynamics社製のロボットで、約73kgの重量だというから成人男性程度の体重があると言える。電動式の油圧駆動部によって4足歩行が可能となっている。

ちなみにBoston Dynamics社は2月にGoogleの傘下に入っている。

『Spot』の器用さは、凹凸がある地形や階段でも倒れることなく歩き続けることができることだ。これなら、災害現場や森の中でも、ある程度の凸凹は乗り越えて進む事ができそうだ。

つまり、救助活動や偵察に使えるようになるかもしれない。あるいは救援物資の運搬などにも使えるようになるだろう。

1ページ目から読む