またしても米軍規格!スリムかつしっかりタフなiPhone 6s対応ケース

ミルスペックのポリカーボネート

ケース自体はポリカーボネートをメインの素材に用いている。最薄部で0.6mmという薄さながら、ミルスペックの認証を取得したポリカーボネートで、耐衝撃性能や、スクラッチ性能はお墨付きである。

さらに傷がつきにくくするため、背面コーナー側には小さな突起がついており、面で落下した場合にも突起のおかげで直接触れることがないように設計されているのだ。

 

側面全方位をカバー

そして、このケースの耐衝撃性能を担うのが側面全方位に回されたポリウレタン樹脂(TPU)と、四隅に設置されたエアークッションだろう。

TPUは、よく外付けHDDなどでも衝撃吸収剤として使われており、その性能はすでにご存知の通りだ。また、エアークッションは前述のフルアーマーケースでも採用されている技術で、1番ダメージが集中しやすい角をしっかりと守ってくれている。

1ページ目から読む