BMWが ブランド初のPHV「X5 xDrive40e」を12月に納車開始

システム出力313psを発生

『i』ブランドで先行する、PHVシステムをSUVのX5に移植したモデルで、『i8』のテクノロジーを融合、2.0L 直列4気筒ターボ・エンジンに8速A/Tと一体化された高出力モーターを組み合わせ、システム出力313ps、最大トルク45.9kgmというとてつもないパワーを発揮する。

エンジンの駆動力を電気モーターでアシストすることで、僅か6.8秒で100km/hに到達。

BMW_X5_xDrive40e

source:https://www.press.bmwgroup.com/japan/

 

モーター走行による航続距離 31km

『eDRIVE』ボタンによりエンジンと電気モーターの組み合わせを、エンジンの最適バランスを自動制御する『AUTO eDrive』、EVモードをフル活用する『MAX eDrive』、バッテリーの回生量を増やして電力消費を抑える『SAVE Battery』の3モードから選択可能。

120km/hまでの速度域で、最長約31kmまでのモーター(EV)走行が可能だ。

BMW_X5_xDrive40e

source:https://www.press.bmwgroup.com/japan/

 

悪天候時の安全走行に寄与する『アダプティブLEDヘッドライト』やカメラとミリ波レーダー、センサーにより安全なドライビングに貢献する運転支援システム『ドライビング・アシスト・プラス』を全車標準装備している。

BMW_X5_xDrive40e

source:https://www.press.bmwgroup.com/japan/

 

1ページ目から読む