iPhone 6sの行列に並んで週給12万円を稼ぎ出す「並び屋」の実態に迫るムービー

合理的なビジネスモデル

ビジネス

source:http://www.shutterstock.com/

 

もっともこのビジネス、ちょっとググってみると日本にもあるようで、特別目新しいものではない。ただ、気候条件や治安などの環境が日本と異なるニューヨークでは、その需要量には差があるだろう。

「どうしても列に並んで入手したいモノや権利があるが、都合が悪い」とか、「自分で並ぶのはイヤだがカネならある」いう場合、いい手段といえるのではないだろうか。

“並べる人が並び、頼める人が頼む”

並べないから買えないとか、時間はあるのに稼げないという、社会的なムダをなくし、流通を後押しする可能性も秘めている。その需要と供給の関係も非常にシンプルだ。

テクノロジーが日進月歩で日々進化し、次々と人々の手に渡っていく現代社会において、合理的でわかりやすいビジネスモデルなのかもしれない。

 

【参考・動画】

※ The Uber-ization of everything: these guys make $1000 a week standing in line – YouTube

【画像】

※ Gemenacom / Shutterstock

※ EDHAR / Shutterstock

【関連記事】

※ これを選べばハズさない!オススメのiPhone 6s/iPhone 6s Plusケース5選

※ 女性だけじゃなく男性にも!あの「ディズニー」もiPhone 6s/6s Plus対応ケースを発表

※ 発売予定日は2016年終盤?次々と流れる「2代目Apple Watch」の噂

※ 簡単にも堅牢にもなる!iPhoneのパスコードって数字4ケタ以外にもできるって知ってた?

※ デキるアナタにオススメしたい!iPhoneで使える便利な裏ワザ7選

1ページ目から読む