【CEATEC2015】選りすぐりの最新テクノロジーの数々、「未来」に触れ驚嘆

グランプリ受賞!テレビはトントン拍子で「8K」「10K」の時代に!?

IMG_7976

iPhone 6s/6s Plusの登場から、より“4K”というワードが身近になった。YouTubeでも再生可能だし、既にその恩恵に触れている方も多いことだろう。

しかし、そんな“4K”といった言葉が既に置き去りにされるかもしれない。

BOEテクノロジー・グループが手がける、『10K縦型・横型 82型液晶ディスプレイ』は、解像度10,240×4,320ピクセルの超高画質テレビ。

これは是非ナマでご覧いただきたい。開場からは「本物より綺麗じゃないか!」という、言い得て妙な言葉も聞かれた。

しかしこれには思わず納得するほど美しい。数多の上質なテクノロジーが集うCEATECの、ライフスタイル・イノベーション部門のグランプリを受賞したのも頷ける。

これらのテクノロジーに触れ実感するのは、未来はすぐそこだということ。時代が写りゆくそのスピードに、ただただ驚かされるばかりだ。

 

【参考・動画】

CEATEC JAPAN 2015

※ RoBoHoN(ロボホン)コンセプトムービー – YouTube

【関連記事】

※ 【衝撃映像】これなら冠水もなくなる?まるでザルの様に水を捌けるアスファルトがスゴい

※ ヒゲ剃り革命!青ヒゲ男子も喜ぶ「レーザーで剃る次世代カミソリ」

※ 知っておきたい!必ず役立つ10のiPhoneテクニック

※ 「空飛ぶクルマ」が実現!? 米トヨタが特許出願、未来はすぐそこに?

※ 障害物やごみをカメラで解析!ルンバが最新機種でついに画像認識技術を導入

1ページ目から読む