【クルマを学ぶ】世界中で話題の「クリーンディーゼル」とは何か

「クリーンディーゼル」の技術

PMの除去にはDPF(Diesel Particulate Filter)が有効、NOxには後処理装置、SCR(選択還元触媒)やLNT(NOx吸蔵還元触媒)が有効だ。

東京都がディーゼル規制を導入した際に、当時の石原都知事が黒い粉を振りまくパフォーマンスが印象的だが、これを取り除くのがDPFだ。

また、PM発生を抑える目的で開発されたのがコモンレール式インジェクター。高圧噴射で燃料を微粒子化、燃えやすくすることで、PMが発生しにくい。

排出されたNOxを尿素を使い分解する尿素SCRは、専用の装置が必要なためコストアップ、搭載スペースが必要な他、定期的な尿素(アドブルー)の補給が必要となる。

一方、NOx吸蔵還元触媒は搭載スペースの問題はないが、有効に動作させるための条件があることや、燃費効率の悪化、長期使用時の性能低下が懸念材料だ。

そもそも、発生するNOxを少なくしようというのが排気ガスの一部を吸気に戻す EGR(Exhaust Gas Recirculation)で、これにより酸素量が減り燃焼温度が下がることでNOx発生を抑制可能だ。

しかしながら、燃焼効率は同時に低下するというジレンマがある。

各社さまざまな技術を組み合わせ、クリーンディーゼルとして排出ガス規制に適合させている。

 

マツダではディーゼルの常識を打ち破る低圧縮比、トヨタではピストンにコーティングを行い断熱圧縮効率を向上させるといった工夫を行い、ブレイクスルーをしている。

1ページ目から読む