トヨタが開発を急ぐ「自動運転車」は2020年までにGoogle Carを凌ぐ?

コモディティ化へ対応

特に“人とクルマの協調”には、自律走行が可能になってもクルマ本来の「運転の楽しさ」を維持しようとする、同社の“自動運転車”に対する強い想いが見てとれる。

TOYOTA

source:http://newsroom.toyota.co.jp/

 

トヨタは東京五輪が開催される2020年までに、人とクルマが同じ目的で「ある時は見守り、ある時は助け合う、気持ちが通ったパートナーのような関係」を築く事を目標にしていると言う。

その背景には自動車製造業に長らく関わって来たキャリアを活かすことでコモディティ化を回避、つまり、他業種勢が簡単にマネのできない機能を追求する姿勢が窺える。

1ページ目から読む