カメラの常識完全崩壊!一眼レフの画質に匹敵するスマホサイズの16眼コンデジ

Light_L1606

source:http://spot.light.co/

 

この『L16』は現在先行予約を受付中。発売は2016年の晩夏の予定だという。

小売り価格は1,699ドル(約20.4万円)を予定している。けっして安くはないが、メーカーが謳っている性能がホンモノであれば高くはない。なお、先行予約では1,299(約15.6万円)ドルで購入できる(数量限定)。

このような機構が可能になったのは、ひとつには小型のカメラモジュールが安価で作れるようになったからだ。しかし、それを複数組み合わせて同時に撮影するというアイディアは画期的だ。

この『L16』は小型化のためにこの複数眼撮影を採り入れてるが、この技術はもっと大きいカメラや特殊なカメラにも応用できるのではないだろうか?

ひょっとすると、未来のカメラは、この方向に進んでいくのかもしれない。

安くはないので気軽に買えるものではないが、是非いちど実物を使って写真を撮ってみたい。

 

【参考・画像】

※ Light

【動画】

※ The Light Story -Vimeo

【関連記事】

※ iPhoneがコンデジを超える?「本気カメラ」になってしまうケース

※ 新型iPhoneやNexus勢に負けるな!これからのスマホに期待すること

※ 障害物やごみをカメラで解析!ルンバが最新機種でついに画像認識技術を導入

※ ステージ自作機能が追加された描く脳トレ「Brain Dots」広報が語る攻略のコツとは?

※ 自転車もハイブリッド化へ…「スマホ充電も可能」な電動アシスト付きロードバイク

1ページ目から読む