【未来予想図2020】ホンダが考える「スマートモビリティ」、クルマだけでなくエネルギーも作る

ホンダ流はエネルギーも作る

ホンダ広報用-1

『スマートモビリティ』の普及は、国の動きも関わってくるため、なかなか大変のようだ。

ところで、実際、ホンダとしてはどんな形での事業化を考えているのだろうか?

<先程も申し上げた通り、『スマートモビリティ』にはエネルギーとの連携が必須です。なので、ホンダはエネルギーも作ります。

(上の図を差しながら)ダブルループと言っていますが、エネルギーを作るところでもCO2をゼロにする、という考え方です。>

Print

<例えば、今度の東京モーターショーでは、『新型FCV』(燃料電池車)を発表しますが(画像上)、一方で水素を作る『スマート水素ステーション』も作ります。

実際は、イワタニ(岩谷産業)さんと共同でやるんですが、中の高圧水電解システムをホンダが供給します。

また、パワーエキスポーター(外部給電器)もつくります。これは、クルマが蓄電や発電した直流電力を、交流電力に替えて家庭用電源として使えるようにする装置です。

地震などの災害時に停電した場合、代替電力として使うことで『命をつなぐ』ことができます。>

ホンダ広報用-2

<要は、クルマ単独ではないということです。水素を『つくる』、クルマで『つかう』、命を『つなぐ』といった、全体での事業化を考えています。

我々が目指しているのは、『スマートモビリティ』という手段を使って、新しい価値や社会を作ることなんです。>

ホンダが考える『スマートモビリティ』は、なかなか壮大だ。

後編では、さらに具体的に、EVやFCV、PHEVなどが、今後どのように普及していくかについて迫っていく。

 

※ 後編はこちら:【未来予想図2020】ホンダが考える「スマートモビリティ」EVとFCVそしてPHEVの将来は?
https://nge.jp/2015/10/23/post-120052

 

【取材協力】

※ 岩田 和之 – 本田技研工業株式会社

【関連記事】

※ 芸術の域に達したパラパラ動画「2分でわかるHONDAの歴史」

※ 次世代の都市用スマートモビリティとなるか?「OMNI-CAR」の発想がおもしろい

※ 【クルマを学ぶ】TPP大筋合意、自動車業界の未来はどうなる?

※ 不可能とされた音が実現!ホンダの「型破り」な軽自動車が生まれたワケ

※ スマートモビリティ実現へ…パーク24とトヨタ「超小型EV貸出サービス」の拡大開始

1ページ目から読む