飛行機の視点を疑似体験!? 頭の動きで操作できるVR飛行機型ドローン

紙飛行機にパワーと視点を

『PowerUp FPV』の目的は、名前が示すとおり、紙飛行機にパワーを与えて、FPV(First Person View:一人称視点)でコントロールするということだ。

つまり、『PowerUp FPV』は紙飛行機をドローンにしてしまう。

PowerUP FPV

source:http://fpv.poweruptoys.com/

 

使い方はシンプルだ。紙飛行機を折って作ったら、それに『PowerUp FPV』を装着する。

すると紙飛行機は両翼の後方にモーターで回転する二つのプロペラを得ることになる。同時に小型カメラを搭載する。

しかもこのキットには、飛行を容易にするために3軸コンパスセンサ、3軸ジャイロセンサ、3軸加速度計に気圧計まで搭載されているのだ。

そして、約10分間の連続飛行を可能にするバッテリーが積まれている。

さて、キットを装着した紙飛行機をいよいよ飛ばすわけだが、私たちは紙飛行機を見ながら操作するわけではない。

紙飛行機に搭載されたカメラが映し出す映像を見ながら操作するのだ。つまり、紙飛行機に搭乗している感覚で操縦することになる。それがFPVだ。

360度回転する事が可能なカメラからリアルタイムで送られてくる映像を見ながら、スマートフォンのバーチャルパッドで操縦する事ができる。

1ページ目から読む