腫瘍細胞における薬剤耐性メカニズムを解明したという、ガン治療のややこしい発見

細胞のガン化を防ぐシステムのバックアップシステムが仇になる

ところが、現実にはガン化が防げず腫瘍ができてしまう場合がある。このようなときは、『P53』が不足していることが分かっていた。

つまり、『P53』の不足によって、ガン化が防げていないのだ。しかし、我々の体はさらに『P53』不足に対するバックアップシステムを持っていた。

ところがやっかいなことに、このバックアップシステムが、ガンに対する化学療法薬の邪魔をしていたことがわかったのだ。つまり、化学療法薬に対する耐性を引き起こしていた。

『P53』が不足しているところで細胞のDNAが損傷しても、それを修復するバックアップシステムが修復を引き継ぐ仕組みがあり、その仕組みで重要な働きをしているのが『hnRNPA0』と呼ばれているRNA結合タンパク質だという。

ところがこの『hnRNPA0』は、『P53』とは致命的な違いがあった。『P53』は修復できずにガン化してしまった細胞を、自殺へと誘導する機能(『アポトーシス』)をもっていた。

しかし『hnRNPA0』は、ガン化してしまった細胞を分裂させ続けてしまうのだ。

しかもやっかいなことに、この『hnRNPA0』が働き出すと、化学療法薬で細胞が殺されないように耐性をもたらしてしまう。

どおりで化学療法薬が効かないわけだ、と科学者達は気付いたことになる。

そうすると、次にやるべきことは、このバックアップシステムを停止させることではないか。

1ページ目から読む