アプリで使うIoTナビ。自転車には、コンパクトでシンプルなナビが丁度いい!

2つのモードでサイクリストをナビゲート

『HAIZE』は、実にシンプルでコンパクトな自転車用ナビゲーションシステムだ。

まるでコンパスの様に、円形の表示板上で方角を示してくれる。ただし、それは北を示しているのでは無く、スマートフォンのアプリで設定した目的地への方角だ。

『HAIZE』は円形の中心のLEDで距離を示し、その周りのLEDの位置で目的地や曲がるべき方角をしめす。

直径42.5mmで厚みが10mmとかなり小型なので、自転車のハンドルに取り付けても全く邪魔にならない。

HAIZE仕様

source:https://www.kickstarter.com/

 

しかも本体に付属のゴムバンドでハンドルに取り付けられるので、簡単に取り付けられるし、自転車を離れるときも簡単に外してポケットにしまえる。

取り付けは簡単

source:https://www.kickstarter.com/

 

また、『HAIZE』の気が利いているところは、二つのモードがあることだ。

ナビゲーションモードは、カーナビと同様に設定した目的地までのルートをガイドしてくれる。曲がるべき地点をLEDで示してくれるのだ。

そしてもう一つがコンパスモードだ。もしかすると、より自由に自転車に乗りたい人にはこちらのモードが重宝するかもしれない。

コンパスモードは、ただひたすら最終目的地の方角を示し続ける。したがって、自分の好きなルートを走りながら、目的地にアプローチできるモードだ。

その間、中央のLEDで目的地に近付いているかどうか判断できる。

スマートフォンのアプリはAndroid版とiOS版の両方が用意される。

『HAIZE』には300mAhのバッテリーが搭載されており、一回の充電で2週間程度使用できる。また、充電はmicro USBを使用する。

スマートフォンとの通信には、低消費電力のBluetooth 4.0が使用される。

1ページ目から読む