まるで「マイノリティ・レポート」?手と指の動きでコントロールできるウェアラブル登場

さらに直感的な操作を行えるようにしたい

もう、長いことパソコンの操作方法はキーボードとマウスで行われている。しかし、この操作方法は確かに便利で使い易いから、私自身は取り立てて不満はない。

最近ではタブレットやスマートフォンの普及により、ディスプレイ上を指でタップするなどして操作する方法も当たり前になり、これもまた不満はない。

しかし、もっと直感的にキーボードやマウスを使わずに、またディスプレイに触れること無く操作できないだろうか、という発想で開発されたのが『Gest』だ。

例えば画像処理ソフトで明るさを調整するとき、空中で手のひらを左右にゆっくり捻れば良い。

画像処理ソフトを操作する_s

source:https://www.kickstarter.com/

 

或いは3Dオブジェクトを様々な角度に回したいときも、まるでそのオブジェクトを掴んでいるようにして空中で手を立体的に動かせば、画面の向こう側の3Dオブジェクトも回転する。

3Dオブジェクトを操る_s

source:https://www.kickstarter.com/

 

あるいは、今行った操作を取り消す場合は、指先を揃えて左に振るだけと言った具合に簡単にできる。

また、文字入力もキーボードが有るつもりで指を動かせば入力することができる。

この機能を使えば、タブレットの画面を狭くしてしまう仮想キーボードを表示させる必要は無いし、スマートフォンでも長文の入力が楽になるかもしれない。

さらに『Gest』がゲームのインターフェイスになれば、私たちは素手で怪物達と闘うことができる様になるだろう。

1ページ目から読む