【スマートモビリティシティ2015】アプリに後付け太陽光ブラインド、運転支援システムなど注目ポイントがいっぱい

「新型プリウス」に運転支援システム

th_SMART MOBILITY_02

 

まずは、トヨタ。

国内で初お披露目された『4代目プリウス』に、運転支援システム『ITSコネクト』を採用したことを発表。そのシステムの概要を展示している。

th_SMART MOBILITY_03

 

すでに、クラウンやレクサスRXに導入されているこのシステムは、路車間・車車間通信を活用し、クルマのセンサーでは捉えきれない情報をドライバーに知らせるものだ。

th_SMART MOBILITY_03B

 

『ITS』とは、高度道路交通システム(Intelligent Transport Systems)のこと。

車両に搭載された通信装置、または交差点・信号機に設置された通信装置を使用し、周りのクルマや人の存在などを、道路とクルマ、またはクルマ同士の通信により検知する。

th_SMART MOBILITY_03D

 

例えば、交差点の右折時に、直進車や横断歩道にいる人を道路情報より取得(DSSS=路車間通信システム)、見落としている場合には警告表示とブザー音で警告する。

また、クルーズコントロール時に、先行車が通信利用型レーダークルーズコントロール対応車であれば、車車間通信で得た情報により(CVSS=車車間通信システム)、車間距離や速度の変動の変動を抑えたスムーズな走りなども可能だ。

th_SMART MOBILITY_03C

 

事故防止などが目的のこのシステム。トヨタでは、搭載車種を順次増やす方針だ。

1ページ目から読む