【東京モーターショー2015】エコでスマートな最新カー一気見せ!(EV編)

インテリアが楽しい未来の軽自動車「TEATRO for Dayz」

th_1H3A3808

 

ニッサン(日産自動車)が、次世代の軽自動車を提案したコンセプトカー『TEATRO for dayz』だ。

パワーユニットに電動モーターを搭載した電気自動車で、ポイントは真っ白なインテリア。

シートやドア内張などをスクリーン代わりに使い、様々な映像を映し出すことで、インテリアを様々にアレンジできる工夫がしてあるのだ。

th_1H3A3812

 

また、インストルメントパネルでゲームをしたり、様々なアレンジを通信でシェアすることも可能。

クルマをデジタルガジェットとして自由に遊ぶ、新世代の若者層をターゲットにした提案だ。

th_1H3A3814

 

電動の次世代コンパクトSUV「eX concept」

th_1H3A3768

 

コンパクトボディのSUVが最近人気だが、ミツビシ(三菱自動車)が出してきたコンセプトモデルは、なんとEV!

クロスオーバー的な雰囲気を持つ流麗なフォルムに、センターピラーレスのイージーアクセスドアを採用。

大容量・高性能バッテリーと、小型・高出力モーターを組み合わせた次世代EVシステムを搭載することで、力強い走りを実現する。

th_1H3A3772

 

EVの弱点である航続距離も、なんと400kmを実現! クラウド対応人工知能などを採用したコネクテッドサービス『Mitsubishi Conect』で、安全運転支援も万全だ。

また、様々な情報を写すARウインドシールドなども装備。まさに、近未来のクルマにふさわしい、わくわく感満点のモデルだ。

1ページ目から読む