【東京モーターショー2015】エコでスマートな最新カー一気見せ!(EV編)

小型バッテリーで走る「EV CUB」

th_1H3A3674

 

ホンダ(本田技研工業)が誇るビジネスバイク『スーパーカブ』のEV版が登場!

バッテリーは、やはり車体から脱着が可能で、家庭用コンセントを使って充電することが可能だ。

また、搭載位置は車体中央の低位置で、重量配分を最適化。取り回しがしやすく、優れた操作性を実現する。

「扱いやすく経済的」というコンセプトを引き継いだEV版。登場が楽しみだ。

 

電気で走るスポーツバイク「PES2」&「PED2」

th_1H3A3699

 

ヤマハ(ヤマハ発動機)が、電動モーターを搭載したスポーツバイクを提案したコンセプトバイクがこの2台。

ストリートスポーツの『PES2』は、フロントにインホイールモーターを装備した2WDで、優れたダッシュ力を発揮する。

th_1H3A3689

 

オフロードタイプの『PED2』は、自然の中をトコトコとのんびり走れるマウンテントレールギヤとしての提案だ。

どちらも、サイズは原付2種相当。フレームを兼ねたモノコック構造の新パワーユニットを採用しているのも同様だ。

th_1H3A3697

 

ちなみに、ヤマハでは、ロードスポーツタイプの電動アシスト自転車『YPJ-R』も展示。

電動ユニットやバッテリーの存在を全く感じさせない、スタイリッシュさが魅力だ。また、MTBタイプも同時展示してある。

 

水冷モーター採用の「C evolution」

th_1H3A3710b

 

BMWでは、電動スクーターの『C evolution』を参考出展している。

電動モーターは水冷式を採用、ブースターファン搭載の空冷式リチュウムイオン高圧バッテリーも搭載する。

最高出力は35kW(48ps)/4650rpmで、最高速度120km/hを発揮する。都心と周辺都市間の移動手段として最適なモデルだ。

th_1H3A3708

 

ここで紹介したEVたちは、いずれも都市部での手軽なコミューターをメインと考えればかなり魅力的。

さらなる進化形に今後も期待したい。

 

【関連記事】

※ 【スマートモビリティシティ2015】アプリに後付け太陽光ブラインド、運転支援システムなど注目ポイントがいっぱい

※ 【スマートモビリティシティ2015】エネルギーも作る! ホンダが目指すFCV&EV未来社会をリアル体験

※ 研究段階から実用段階へ!東京モーターショー2015で自動運転技術に注目

※ 東京モーターショーに007でお馴染みの「ボンドカー」登場! 大ファン細川茂樹がボンド愛を語る

※ トヨタの新車開発がCMになった! 「TNGA STORY」公開へ

1ページ目から読む