これやってる? iPhoneのバッテリーを長持ちさせる5つの設定

■1:アプリのバックグラウンド更新をオフにする

01

 

アプリのバックグラウンド更新を有効にしていると、アップデートがあるたびにアプリが自動的にインターネットへ接続をして、アプリの更新を行う。

そのため、頻繁にアップデートをするアプリがあったり、大容量のアプリがアップデートを必要とした場合、いつの間にかバッテリーが減っているということになる。

このバックグラウンド更新を無効にしておくには、『設定』→『一般』→『Appのバックグラウンド更新』を開き、無効にしておく。

 

■2:壁紙を静止画にする

02

iOS 9では、壁紙を『ダイナミック』、『静止画』、『Live』(iPhone 6s/6s Plusのみ)の3種類から選択できる。

このなかで、もっともバッテリーを消費しないのは『静止画』なので、壁紙を『静止画』にしておくのがよい。

設定は『設定』→『壁紙』→『壁紙を選択』から『静止画』を選ぶ。

 

■3:画面の明るさの自動調節をオフにする

03

 

iOSには『明るさの自動調節』という設定項目がある。これを有効にしておくと、周囲の明るさに合わせて、画面の明るさを自動的に調節してくれる。

便利な機能だが、明るいところでは画面が明るくなるため、バッテリーが無駄に消費されてしまう。

この設定をオフにして、画面の明るさを暗めに設定しておけば、バッテリーの節約になる。意外と暗めでも、普段の使用にはあまり支障はない。

設定は『設定』→『画面表示と明るさ』→『明るさの自動調節』をオフにし、スライダーで画面の明るさを調節する。

1ページ目から読む