これやってる? iPhoneのバッテリーを長持ちさせる5つの設定

■4:バッテリーを消費しているアプリを確認する

04

 

『設定』→『バッテリー』の項目を開くと『バッテリーの使用状況』という欄がある。ここに、最近使用したアプリのバッテリー使用状況が一覧表示される。

基本的には、使用時間が長いアプリのほうがバッテリー消費量は多いことになるが、あまり使った覚えがないアプリが、意外にバッテリーを消費していることも。

定期的に確認し、バッテリーを無駄に消費しているアプリをこまめに閉じたり、不要ならば削除しよう。

 

■5:アプリの通知を減らす

05

 

アプリの通知機能は便利だ。サウンドやバナーなどで通知をしてくれるため、確認がしやすい。しかし、その分バッテリーも消耗している。

そこで、できるだけ不要な通知はオフにしておこう。

通知をオフにするには『設定』→『通知』→『通知スタイル』から、通知をオフにしたいアプリを選択。

そして『通知を許可』をオフにする。

必要最低限のアプリだけ通知をするようにすれば、かなりバッテリーの節約になる。

これらの設定をしておくだけで、バッテリーはかなり長持ちするはず。バッテリーの無駄遣いをやめて、ロングバッテリー生活を満喫しよう。

 

【画像】

※ guteksk7 / Shutterstock

【関連記事】

※ 進化するiPhone充電!驚きの充電器&充電技術6選

※ 知っておきたい!必ず役立つ10のiPhoneテクニック

※ 鬼は大爆笑すると思うが「iPhone 7」に期待したい5つのこと

※ 「iOS Safari専用広告ブロックアプリ」はネット広告の未来を変えるかもしれない

※ 期待の新製品「iPad Pro」のXデーは11月11日!?

1ページ目から読む