福島から日本のエネルギーを変えよう!三春町のコミュニティショップを「ソーラーハブ」に、国際環境NGOが後押し

東京・西日暮里の『From a&e カフェ』(フロマエカフェ)にてイベント開催が決定。

東北地方をはじめ、全国のコミュニティで盛んになっている、自然エネルギーの取り組みを取材するフリーライターの高橋真樹さんと大河原伸さんの対談で、自然エネルギーが福島をもっと元気にする可能性を探る。

・日時:11/15 (日) 18:00〜20:00 (17:30開場)

・場所:東京・西日暮里 From a&e カフェ

・会費:2,500円(大河原さんが育てた有機野菜を使ったフード、ワンドリンク、500円のクラウドファンディング協力含む)

・定員:25名(先着順)

・参加:参加をご希望の方は、参加人数とお名前をグリーンピース・ジャパン『ソラライズふくしま』の下記メールアドレスまで。

solarise.fukushima@gmail.com

 

【参考・画像】

※ 福島県三春町からお日さまエネルギーの暮らしを広めたい! – MotionGallery

※ 国際環境NGO グリーン・ピースジャパン

※ From a&e カフェ

【関連記事】

※ トヨタが2017年に発売するノッポな「LPGハイブリッド」タクシー

※ プリウスPHVも活躍!トヨタ主導の非常時地域送電システムが宮城で始動

※ アフリカの無電化地域を「IT×ソーラー」で変えていく

※ 世界でPHV開発加速の兆し「エコカー」の主役に

※ 通勤に最適!1秒でたためる電動自転車「Gi FlyBike」が大人気

1ページ目から読む