高校生がギネス世界記録(R)達成!パナソニックの乾電池「エボルタ」で鉄道走行22キロ超え

日本のものづくりの将来

車両は2015年11月3日12時32分に鳥海山ろく線の前郷駅をスタート、14時59分頃に20km地点を通過、15時19分にスタート地点の前郷駅に到着し見事ギネス記録を達成した。

なお、この栄えある称号を手にした『電車班』の製作した車両は、11月7日から8日にかけてさいたま市大宮区の鉄道博物館で開催される『第5回工業高校生がつくる鉄道展』で、実際に乗客を乗せて走行する予定とのこと。

ギネス世界記録(R)をもたらした、名誉の車両に乗りたい方は是非スケジュールをチェックして欲しい。

 

今回の挑戦、高校生が作った車両であることや、電気モーターで動く実際の車両であること、そして22キロを越える実際の路線を走り切ったことは、日本のものづくりの将来を占ううえで、とても大きな意味をもつだろう。

日本が誇る、類まれなる技術と情熱。

今後もさまざまな挑戦をしてもらいたいと切に願う。

 

【参考・画像】

世界最長距離鉄道走行チャレンジ – パナソニック

※ パナソニックの乾電池エボルタ「世界最長距離 鉄道走行」チャレンジ~高校生が製作した車両が22.615kmを走破し、ギネス世界記録(R)を達成 – PR TIMES

※ 第5回 工業高校生がつくる鉄道展の開催について – 鉄道博物館

【動画】

※ エボルタチャレンジ2015 発表会篇【パナソニック公式】 – YouTube

【関連記事】

※ 【東京モーターショー2015】エコでスマートな最新カー一気見せ!(EV編)

※ 福島から日本のエネルギーを変えよう!三春町のコミュニティショップを「ソーラーハブ」に、国際環境NGOが後押し

※ トヨタの新車開発がCMになった! 「TNGA STORY」公開へ

※ アフリカの無電化地域を「IT×ソーラー」で変えていく

※ プリウスPHVも活躍!トヨタ主導の非常時地域送電システムが宮城で始動

 

1ページ目から読む