水の消費量を75%軽減!? カリフォルニアの都市型農業をサポートするソリューションとは

カリフォルニアの都市型農業と地産地消をサポート

米ロサンゼルスを拠点とするスタートアップ企業Farmscape(ファームスケープ)は、2008年の創業以来、地元の学校や公共スペース、企業のオフィス、レストラン、個人宅の家庭菜園など、幅広い層に向けて、都市型農業のためのソリューションを提供してきた。

Farmscapeでは、それぞれの場所に合わせて農園を設計し、有機質土壌や点滴灌漑などを導入した独自の栽培インフラを設置。

ここで作物を栽培すると、水の消費量を75%軽減できるという。

また、週に1回、経験豊富なスタッフが農園を訪問し、害虫や疫病の防除、灌漑の管理、農作物の収穫などを代行するメンテナンスサービスも提供。

初心者や多忙な人でも、作物を元気でおいしく育てられるよう、継続的なサポート体制を整えている。

 

Farmscapeは、これまでに、ロサンゼルスとサンフランシスコ・ベイエリアで、500カ所に“都市型農園”を設置し、現在、200カ所以上のメンテナンスを担当している。

レストランをはじめとする地元事業者と積極的に連携しているのも特徴だ。ロサンゼルスの日本食レストラン『n/naka』やサンフランシスコの『STEM Kitchen & Garden』などでは、敷地内にあるFarmscapeの農園で収穫した旬の食材を活かしたメニューで、食通たちの舌をうならせている。

1ページ目から読む