MIT開発!2次元のサッカー映像を3次元化、スマホからも臨場感ある試合を楽しめるように?

サッカーの試合に特化したシステム

MITで電気工学とコンピューターサイエンスの准教授を務める、Wojciech Matusik氏は、「近頃は3Dテレビが登場してきたが、肝心の3Dコンテンツが不足している」と語っている。

 

特に、スポーツの3Dコンテンツの供給が難しい状況だ。映画では3次元を制作するアーティストが居るが、スポーツ映像を3次元化するために、100人ものアーティストを雇う訳にはいかないからだ。

しかも、スポーツ映像は、映画と違ってリアルタイムで放送されてしまう。

そこで、QCRIとMITのコンピューターサイエンスと人工知能研究所が共同で、2次元の映像を3次元化する研究を行った。

実は、これまでにも多くの研究者が2次元を3次元化するシステムの開発にチャレンジしてきたのだが、いずれも奇妙な映像を生み出して終わってしまっているらしい。

そこでQCRIとMITの研究者等は、サッカーに特化したシステムを開発するように絞り込んだようだ。

そのことで、放送中の映像をリアルタイムで3次元化できるようになることを目指したらしい。

1ページ目から読む