MIT開発!2次元のサッカー映像を3次元化、スマホからも臨場感ある試合を楽しめるように?

ビデオゲームのデータを3D化に利用する

MIT-3D-Soccer

(c)Christine Daniloff/MIT

 

そして注目したのが、サッカーのテレビゲームだ。

テレビゲームでは、プレイヤーの動きに合わせて環境を調整するために詳細な3次元マップが格納されている。これがリアルタイムで、特定の視野角に対応する3次元場面の2次元への投映を実現している。

これを研究者らは逆手にとったという。つまりは、ゲームから3次元マップを抽出したのだ。

詳細なる専門的な仕組みは理解できないのだが、研究者らはゲームから数万にも達するスクリーンショットを取得し、そこから3次元マップのデータベースを作り上げたとのことだ。

そして実際のサッカー試合の2次元の映像で、あらゆるフレームに対して、システムがデータベースから10前後のスクリーンショットを抽出している。

それらのデータから、映像の深さに関する情報を算出し、合成するとのことだ。

そして、見事に試合の映像が3次元化された。この映像に関してユーザー調査を行ったところ、5段階評価の平均は4と5の間だったというから、まずまずの仕上がりといったところか。

この技術が発展すれば、多くのスポーツファンが、現地に足を運べない時も、より臨場感のある映像を楽しめる様になるかもしれない。

 

【参考・画像】

※ System automatically converts 2-D video to 3-D – MIT News

※ Andrey Yurlov / Shutterstock

【動画】

※ Automatic 2D to 3D video conversion results – by QCRI – YouTube

【関連記事】

※ レイア姫が帰ってきた!「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」公式ポスターが公開

※ インドネシアの「電子書籍元年」 電子書店MangaMonグランドオープン

※ MITが研究!脳はどのようにして睡眠を制御しているのか

※ 今日は「バック・トゥ・ザ・フューチャー2」の日!描かれた世界観はどれだけ実現しているのか?

※ iPhone 6sの注目機能「3D Touch」に対応したお絵かきアプリ登場!

1ページ目から読む