ロボットやクルマ、テロ対策にアイドルまで! 「FUTURUSを飾ったA.I.たち」5選

■5:人工知能アイドル登場?「篠崎AIプロジェクト」

150818_AIdol-2

source:GREEN FUNDING Lab

 

グラビアアイドル篠崎 愛のA.I.を作ろうというプロジェクトが、今年9月にクラウドファンディング・サイト『GREEN FUNDING Lab』で開始された。

このプロジェクトは、“もうひとりの篠崎 愛”をつくることで、24時間本人の代わりにファンと対話したり、街中の電子案内板など社会インフラに入ることで、新しいタレントの活躍の仕方や場を模索するものだ。

サポーター募集を行ったクラウドファンディングは、すでに終了。集まった支援額は、目標の6,000,000円に対し、約半分の2,977,000円。支援者数は101人だった。

余談だが、さえない男が『A.I.』に恋するという映画『her/世界でひとつの彼女』が2014年6月に公開され、かなりのヒットを飛ばしている。

つまり……そういった『A.I.』を恋愛対象などとする需要自体は、確実にあると個人的には思う。

もしそうだとすると、今回の“篠崎A.I.プロジェクト”は目標にこそ達しなかったものの、今後『A.I.』の技術が発達し、かなり人間に近い『A.I.』が出てくれば、こういった“A.I.ドル”は十分“ある”話ではないだろうか(アイドルに熱を上げるのも恋愛の疑似体験だから)。

これからも、様々なシーンで登場してくるであろう『A.I.』に、目が離せない。

 

【参考・画像】

トヨタ自動車、2020年頃の実用化をめざした自動運転実験車を公開 – トヨタ グローバルニュース

篠崎愛をAI化して、世界初のAIドルを作りたい!「篠崎AIプロジェクト」サポートメンバー募集! – GREEN FUNDING Lab 

※ Andrea Danti / Shutterstock

【動画】

※ Introducing Spot – YouTube

※ 中沢研究室 脳波を用いた車いすロボット制御システム – YouTube

※ BRSLabs’ AISight – The World’s Only Behavioral Recognition System for Video Surveillance

【関連記事】

※ 【未来予想図2020】自動運転で婚活男子ピンチ!? 吉田由美が語る自動運転の是非

※ 人工知能を搭載した平仮名型キャラクター「ヨコかな?」のもつ可能性

※ 過熱する自動運転技術開発競争まとめ。自動車は人工知能(AI)の夢をみるか?

※ 【人工知能が先生になる日】学校の授業風景が祖父母のころから変わっていないって、おかしくない?

※ まるで生きているよう!かなり犬っぽい動きに進化したロボット犬「Spot」

1ページ目から読む