「腕を仮想キーボード化」することでスマートグラス利用が拡大するかも

3つのメリット

これによってNECでは3つの大きなメリットを挙げている。

まず、手元を見ることで、すぐに仮想キーボードが表示されて入力操作ができるので、コントロールデバイスを取り出したり、手に持ったりすることによる作業中断がなくなるという。

次に、前腕上の大きなスペースを利用してキーエリアを配置でき、利用シーンに合わせてキーレイアウトを変更することもできるので、操作性がいいという。もちろん音声操作と比べて、騒音下での使用にも適している。

そして、振動によって腕へのタッチを判別するため、接触/非接触をしっかり区別して検出でき、作業者自身もタッチをしたことを触覚的に確認できる。

ジェスチャ入力に対して、作業者がきちんと操作できていることを判断しやすくなるという。

 

ハンズフリーの必要な業種へ拡大

NECは「今後、アームキーパッドを活用したAR(拡張現実)設備点検ソリューション、保守帳票管理ソリューションを開発し、製造以外にも警備、流通、医療など、ハンズフリーの作業が必要となる業種・業務の効率化に貢献します」としている。

実際、この仮想キーボードがどれほど便利なものになるのかは、使ってみないとわからない。

しかし、これが実用化できれば、スマートグラスの操作は、いっそう操作しやすくなるはずなので、スマートグラスの利用も拡大するだろう。

そうすればまたアプリ開発者の手によって、新しいアプリや使用方法が提案されていくことになる。好循環へと繋がっていくかもしれない。

このように、今後のデジタルデバイスは、相互に連携することで、まだまだ予想もつかない使い道が出てくるかもしれない。

 

【参考・画像】

※ NEC、腕を仮想キーボード化するユーザインタフェースを開発 – NEC

【関連記事】

※ 【CEATEC2015】選りすぐりの最新テクノロジーの数々、「未来」に触れ驚嘆

※ 「やっちゃえ!」日産今度は愛媛県のトンネルに光の巨大ミュージアム

※ VRヘッドセットでポルノを初めて見る人の反応はこんな感じ

※ iPadが次のステージへ!「iPad Pro」×「Apple Pencil」に期待すること

※ ハイリテラシーとローリテラシーのバランス感。だれでも部分的にアップグレードできるスマホ「PuzzlePhone」

1ページ目から読む