乾電池を遠隔操作できる時代に!注目を集める「MaBeee」とは

クラウドファンディングでの目標達成

ノバルスは『MaBeee』のさらなる開発に向け、クラウドファンディングサイト『Makuake』で一般からの出資を募っている。

また、顧問にはソニーや経団連といった、名だたる組織を牽引してきたクオンタムリープの出井伸之CEOが就いている。

筆者がこの記事を書いている11月13日時点で、この企画の残り日数は89日。目標品額は50万円。だが既に、270万円もの寄付が集まっている。

8通りの支援コースが揃っているが、そのうちの2通りはもう在庫切れである。

これだけの注目度を発揮した企画も、そうはない。この機会に皆さんも、『MaBeee』に出資してみてはいかがだろうか。

ただし、あまりの人気のため、出資の是非を悩んでいる時間はなさそうだ。

 

【参考・画像】

MaBeee

振って、喋って、傾けて!スマホでコントロールできる電池型IoT MaBeee – Makuake

【関連記事】

※ 等身大の「大人のミニ四駆」にワクワクが止まらない

※ これぞ夢の実現。ミニ四駆を実車化、デモ走行は注目の的

※ これやってる? iPhoneのバッテリーを長持ちさせる5つの設定

※ 後付け可能で閉め忘れもなくなる!カンタンにスマホが家の鍵になる「Akerun」

※ あの「Power Plus」シリーズがさらにコンパクトに!iPhone6をフル充電できるモバイルバッテリー

1ページ目から読む