進む大型化、今度こそ使いやすい4インチiPhoneがやってくる?様々な条件から、来年前半発表を読み解く

売上げ的にも前半は狙い目

以前よりApple関係のリーク情報や予測等を伝えている、台湾のKGI証券のアナリストMing-Chi Kuo氏は、来年前半の4インチiPhoneの登場を予測している。

同氏によれば、iPhone 5s/5cなどの4インチモデルの人気によるもので、5sがスペック的に2世代前のモデルになり、最新OSを動かすのが厳しくなるからというのが理由として考えられる。

スペック的には、最新型のiPhone 6s/6s Plusと同様のA9プロセッサを搭載する予定とのことで、最新のSoCを搭載して、毎年発売せずとも数年は利用できるという状態にしておくようだ。

 

iPhone 6s/6s Plusとの差別化

ただ、iPhone 6s/6s Plusで採用された『3D Touch』は差別化のために搭載されないともいわれている。

Appleは例年、上半期は新製品の発売がない時期であり、来年はApple Watchの第2世代が登場する可能性はあるにしろ、その他デバイスに比べ売上げが多くないことが予測される。

そこに4インチiPhoneを新たに投入することで、Apple Watchと同様、他のデバイスほど売上げは期待できないものの、合わせて売上げを作るにはちょうどいい時期であるのは確かだろう。

1ページ目から読む