どんなものがやってきた?2015年注目のガジェットをプレイバック

その他

■10:JINS MEME

jins meme

source:http://pdf.irpocket.com/

 

見た目はいたって普通のメガネのウェアラブルガジェット。3点式眼電位センサーにより、視線やまばたきを計測し疲労や眠気などを可視化できる。

これまでのメガネ型ウェアラブルガジェットよりも見た目が普通なのが最大のポイントだろう。

 

■11:Misfit Flash

flash_sportband_cocacolared_vertical_web

source:http://misfit.com/

 

5,000円を切る低価格な活動量計。バッテリーにボタン電池を採用し、最大6ヶ月電池交換が不要。

歩数、消費カロリー、睡眠などを計測できる。何より安いことと、充電が不要という点がこれまでのウェアラブルガジェットとは一線を画している。最近、Fossilにより買収されたが、今後どのように展開していくのか注目だ。

 

2015年を思い返すと、アップルの製品を中心にガジェット界が動いているように感じる。

それだけ、アップルは世界から注目度が高いだけでなく、話題性のあるものを市場に投入しているということだろう。

さて、来年はどんなガジェットが飛び出してくるのだろうか?

 

【参考・画像】

iPhone 6s / iPad Pro / Apple Watch – Apple

※ 楽天モバイル、最新スマートフォン「honor6 Plus」を日本の通信事業者として独占的に取扱開始 – 楽天

※ タブレットとして、ラップトップとして、さらに進化した Surface Pro 4 を発売 – Microsoft

Pebble Smartwatch – Pebble

※ 世界初、「自分を見る」アイウエア誕生。 JINS MEME – JINS

※ Misfit Flash – Misfit

【関連記事】

※ 進む大型化、今度こそ使いやすい4インチiPhoneがやってくる?様々な条件から、来年前半発表を読み解く

※ Live Photosの共有も!iPhone 6s/6s Plusならではの機能を活かせるアプリ5選

※ iPhoneの旬は2年!? iPhoneを買い換えるべき5つの兆候

※ スマホが小型フリップダウンモニターに!? 360°自由自在のスマホホルダー

※ 意外にも40年の歴史を持つスマートウォッチ。大衆に受け入れられる時は来るのか?

1ページ目から読む