Apple CEOティム・クック曰く、iPadとMacBookを混ぜあわせることはない

中途半端な妥協による製品は作らない

ティム・クック氏が断言したことは、15日(現地時間)付けのIndependent.ieで報じられた。

要するに、AppleはMicrosoftのSurface Bookの様な、タブレットとノートブックが統合された製品を目指すことはないという。

同氏は、顧客がそのような中途半端な製品を望んでいないと感じているのだそうだ。

ハイブリッド化は、iPadのユーザーにとってもMacBookのユーザーにとっても不満足な妥協の産物になってしまう可能性がある。それよりも、iPadとMacBookがそれぞれ最高の製品であることを目指すべきだと言う。

 

確かに、iPadとMacBookは、それぞれ異なった使われ方がされている可能性は高い。

ただ、Appleファンが「もしかすると」と思っていたのは、他ならぬティム・クック氏の発言だった。

同氏はiPad Proを発表した際、iPad ProがラップトップやデスクトップPCの代わりになると発言していたからだ。まるで、MacBookがiPadに統合されるかのような予想をさせる発言だった。

しかし今回、同氏はPCとはWindowsの事であり、Macintoshは別だ、とやや強引な弁明をしている。

1ページ目から読む