Apple CEOティム・クック曰く、iPadとMacBookを混ぜあわせることはない

iPadとMacBookの統合の可能性は消えていない

同氏は、iPadとMacBookの類似点を認めつつも、デザインの思想も、求められている使い勝手も異なるものだという解釈をしていることを示している。

だから両者が統合されることはないというわけだ。

ただ、両方の製品をシームレスに使いたいニーズはあると考えたため、Handoffといった機能を搭載している。

Handoffとは、Mac OS Xを搭載したデバイスとiOSを搭載したデバイスを連続的に使用できる機能だ。

 

例えば、iPhoneでメールなどのメッセージを入力しながらデスクに戻ってきて、座った所からはMacBookで続きの文章を入力できるといった使い方ができる機能だ。両者はBluetoothで連携している。

とはいえ、同氏の発言は永久(とわ)の誓いではない。

Appleが企業である以上、市場の声を聞かないわけにはいかないからだ。

Surface Bookが大成功して類似製品も増え、Appleユーザーからの要望が大きくなれば、Appleとしても無視するわけには行かなくなるだろう。

従って、将来iPadとMacBookが統合されるか否かは、CEOではなく、市場が決めるのではないかと思われる。

 

【参考・画像】

※ Tim Cook: Apple won’t create “converged” MacBook and iPad – Independent.ie

※ sergey causelove / Shutterstock

【関連記事】

※ 「iPad Pro」が変えるかもしれないあなたの生活シーン

※ どんなものがやってきた?2015年注目のガジェットをプレイバック

※ iPhoneの旬は2年!? iPhoneを買い換えるべき5つの兆候

※ 進む大型化、今度こそ使いやすい4インチiPhoneがやってくる?様々な条件から、来年前半発表を読み解く

※ Live Photosの共有も!iPhone 6s/6s Plusならではの機能を活かせるアプリ5選

1ページ目から読む