SUVにオープンカーの波がくるか?新型「イヴォーク」にコンバーチブル追加。

都会からジャングル、四季を問わず楽しめる本格SUV

 

本格クロスカントリーとして名の知られるレンジローバーにとって、『イヴォーク・コンバーチブル』は、実はシリーズ通して初めてのオープントップ採用となる。

SUV性能はそのままに、都会的なデザインと、オープン、クローズの両方を楽しめるオールラウンドな1台だ。

電動ルーフは30mph(約48km/h)まで走行しながら、最短18秒で開閉可能。4人がくつろげるフル4シーターデザインで、オープン・クローズの状態によらずトランクスペースは251L確保される。

エンジンは、ガソリンとディーゼルの2種類から選択可能(日本仕様は未定)。

1ページ目から読む