ダイムラーがEVやPHVの廃バッテリーを再生して送電用に活用、将来的な低価格化に?

再生バッテリーは蓄電用なら更に10年使える

ダイムラーはEV、PHVの駆動用2次バッテリー寿命を最大10年間保証しており、その後も定置型蓄電用として更に10年程度使用可能としている。

同社は、こうした一連のサイクルを繰り返し回すことで、バッテリーのコストダウンと再生可能エネルギーによる電力供給の安定化を両立させようとしているのだ。

こうした取組みが将来、EV、PHV普及の要となる“低価格化”の足掛かりとなる可能性が出て来る。

 

【参考・画像】

DIMLER Global Media Site

ACCUMOTIVE

REMONDIS

GETEC

【関連記事】

世界でPHV開発加速の兆し「エコカー」の主役に

PHV・FCV・EVの時代に向けたトヨタの6つのチャレンジ

【未来予想図2050】トヨタの「2050年の未来」に向けた6つのチャレンジ、PHV・FCV・EVの時代に

【東京モーターショー2015】エコでスマートな最新カー一気見せ!(HV/PHV編)

欧州のCO2排出規制で「PHV」の存在感が増してきた

1ページ目から読む