話題の「Apple SIM」日本上陸するも米国と異なる残念な仕様に。国内邦人ではほぼメリットなし

そもそもApple SIMとは

『Apple SIM』は、iPadのWi-Fi+Cellular版で使えるアップルが発行するSIMカードだ。

ただ、ご存知の通り、本来SIMカードは接続する携帯電話網を展開する携帯電話会社と契約し、そのときにもらえる(貸与される)ものである。

それに対して『Apple SIM』は、Apple Store(Onlineを含む)からiPadのWi-Fi+Cellular版を購入すると、最初から入っているのだ。

そして設定画面から、どの携帯キャリアのネットワークを使うかと選択するようになり、そこから契約まで全てを行うことができるものだ。例えば、契約の必要が無ければ契約しなくてもいいし、途中から必要なるようならば途中からでも構わない。

提携している(『Apple SIM』上で選べる)キャリア間で乗り換えることも可能で、処理はiPad上で完了するため、契約にショップまで出向く必要もない。

また、海外で利用する場合にも、現地のSIMを空港で買ったりWiFiルーターを借りたりしなくても、直接『Apple SIM』がその国で提携しているキャリアの電波を拾ってくれ、同じく設定画面からそのキャリアと契約をすることが可能となる。

唯一の難点は、キャリアの協力が不可欠な点だ。

アメリカの場合でも4大キャリアのうち、シェア1位のVerizonはこの『Apple SIM』には対応してくれていない。また、Apple Storeで買ったiPadのみが対象であり、キャリアで買ったiPadは条件が異なり、iPhoneに至っては対象外だ。

1ページ目から読む