PHVやFCVなど、2015年次世代環境車の最新トレンドを振り返る

来年3月末までに81ヵ所の水素ステーションが開業予定

石油・ガス会社等のエネルギー関連企業、自動車メーカー等20社で設立した水素供給・利用技術研究組合HySUTによると、2015年度(~2016年3月/末)までに全国100ヵ所の設置目標に対して、現在四大都市圏を中心に28ヵ所が開所済みで、年度末までに81ヵ所が開業予定になっているそうだ。

HySUT

 

700気圧の水素を供給するディスペンサーのノズル形状は、既に国際標準化済みで、海外への輸出も視野に入れた設計になっていることから、今後、日本の技術が海外へ展開されていくことになると言う。

水素は漏れても直ぐに大気中に拡散するため、溜めない限り着火する危険性が低いのが特徴だが、水素ステーションには安全対策として水素検知器、火災検知器が備えられている。

HySUT

 

以上、ざっくりと今年の次世代環境車の最新動向について触れてきたが、今後は日本勢もこれまで以上にPHVの開発を活発化させるものと予想される。

いずれにしても、世界的な潮流である排ガス規制強化を考えると、ガソリン・ディーゼル車は将来的にはかなり厳しい状況になるのは間違いない。

トヨタ自動車が先頃、持続可能な社会の実現に貢献するための新たなチャレンジとして発表した『トヨタ環境チャレンジ2050』の中で、2050年までにガソリン・ディーゼルエンジン車をほぼゼロにし、主力車種を順次PHV、FCVなどに切り替える方針を示したのも、こうした背景がベースになっている。

今後、次世代環境車の開発はいっそうスピードアップして行くことになりそうだ。

 

【参考・画像】

TOYOTA Global Newsroom

HONDA Media Website

【関連記事】

世界でPHV開発加速の兆し「エコカー」の主役に

トヨタの「2050年の未来」に向けた6つのチャレンジ、PHV・FCV・EVの時代に

欧州のCO2排出規制で「PHV」の存在感が増してきた

今、欧州自動車メーカーがPHV開発に力を入れる理由

※ FCVに3分で充填! ENEOSの「移動式水素ステーション」が3カ所で営業開始

1ページ目から読む