「ワトソン」が予想するXmas1位はApple Watch?人工知能がビジネス戦略を決定づける日

IBMの未来も「ワトソン」で予測?

IBMは、言わずとしれたコンピュータの巨人であるが、その雲行きが怪しくなっている。

『ワトソン』はこのホリデーシーズンにおいて、いわゆるPCよりもモバイルガジェットが売れると予測しており、IBMとしても看過できない情勢だ。

そのためかこの『ワトソン』を使ったサービス展開、ビジネス展開を急激に進めており、ハードウェアメーカー、ITベンダー、システムインテグレーターといった業種からのチェンジを計っている様子が伺える。

このビジネス戦略上の変更も、もしかしたら『ワトソン』で予測し、意思決定をはかったのかも知れない。

今後、取締役会での重大な決断に『コグニティブ・コンピューティング・システム』が利用される日も近いだろう。

 

【参考・動画】

※ Gift guide of holiday heroes – IBM

※ Be a Holiday Hero with IBM Watson Trend – YouTube

【画像】

※ Master1305 / Shutterstock

【関連記事】

※ 【最新AIの基礎知識①】山川先生、今ドキの人工知能って自分で学習するんですか?

※ 【最新AIの基礎知識②】山川先生、今ドキの人工知能ってどうやって作るんですか?

※ 「東ロボくん」が偏差値57.8に!今ドキの人工知能は東大入試に合格するか?

※ Apple Watch 2は2016年6月に発売か!? 気になるバッテリー性能は…

※ 意外にも40年の歴史を持つスマートウォッチ。大衆に受け入れられる時は来るのか?

1ページ目から読む