走りを学び、スマホで遠隔操作もOK! “スマート”な立ち乗り電動2輪車「Ninebot mini Pro」

スマホでリモートコントロールもOK

img_81829_2

source:https://www.atpress.ne.jp/

 

img_81829_3

source:https://www.atpress.ne.jp/

 

『Ninebot mini Pro』の凄いところは、ライダーに合わせて学習することだ。

体重センサーやスピードセンサー、電流センサーなどにより、ライダー個々人の走行データを分析し、その人に最も合った車体制御などを行うことで、操作性や安全性を向上させるのだ。

また、スマートフォンをBluetoothで連携させれば、リモートコントロールも可能。離れた場所から自分の近くまで、自動で走ってきたり、ラジコンカーのように操縦を楽しむこともできる。

日本では、こういったモデルはまだ公道走行ができないが、レジャーなどで楽しむには最高に楽しそう。

カラーはホワイトとブラックの2色から選べる。価格は150,000円だ。

気になる方は、公式ホームページをチェックするか、関西地区の方なら大阪モーターショーでぜひ実車を見てみてはいかがだろう。

 

【参考・画像】

Ninebot mini Pro

※ 立ち乗り電動二輪車「Ninebot mini Pro」(ナインボット・ミニ プロ)発売! – @Press

【動画】

※ Ninebot mini pro プロモーションムービー – YouTube

【関連記事】

※ あなたは乗りたい?次々と登場する「次世代小型モビリティ」たち

※ 国交省も主導する「超小型モビリティ」その普及は意外とすぐかも

※ レクサスが高級車モチーフの「ホバーボード」を開発!? 動く原理は・・・

※ 次世代の都市用スマートモビリティとなるか?「OMNI-CAR」の発想がおもしろい

※ スマートモビリティ実現へ…パーク24とトヨタ「超小型EV貸出サービス」の拡大開始

1ページ目から読む