【FPSを知る・前編】オンラインゲームと経済成長

実況動画も続々配信

YouTubeなどの動画サイトで、自らのゲームプレイを実況する人たちがいる。人気の実況者はたった1日で数万という再生回数を稼いでしまうから、その影響力は非常に大きい。

インドネシアでも、そうしたことがちょっとしたブームになっている。

最近では『Phantomers』という作品がリリースされた。この作品の実況解説動画があるので、ここでご紹介しよう。

 

この国ではオンラインゲームのプレイヤーが増加するに伴い、こうしたユーチューバーも急増した。

もともと国民平均年齢が若い国だから、文明の利器を素早く上手に取り込み自分のものにしてしまう。

インドネシアは、やはり有望な“巨大市場”である。だが同時に、この国の経済成長は、日本のそれとはまるで違う形だということを忘れてはいけない。

インドネシアに出向してくる日系企業の社員の中には、「60年代の我が国と同様の市場開拓をすれば必ず成功する」と信じて疑わない人もいる。

 

だが、この記事をここまで読んでくださった読者なら、その考えが間違いだというのはお分かりだろう。

今や家電製品(特に白物)のライバルとして、FPSを始めとしたオンラインコンテンツの存在があるのだ。

それを念頭に置いた市場開拓が、これからは強く求められる。

2010年代はそのような時代だ。

 

【参考・動画】

Phantomers online Indonesia

※ Phantomers Online Indonesia – GAME FPS BARU INDONESIA ! – YouTube

【画像】

※ guteksk7 / Shutterstock

【関連記事】

※ 暴力ゲームが「プレイヤーを攻撃的な振る舞いに導く」は間違いと判明か

※ 「ボルダリング」を競い合うインタラクティブなゲームにしよう

※ 東大発ベンチャーが開発した「バーチャルの衝撃」を感じ取れる次世代ゲームコントローラーがスゴい

※ 懐かしのアーケードゲームが手のひらにやってくるかも

※ 「腕を仮想キーボード化」することでスマートグラス利用が拡大するかも

1ページ目から読む