ビッグデータは日本に任せろ!70億人が束になっても敵わないスパコン「京」が「Graph500」で2期連続世界一

70億人が一度に計算してもかなわない

スーパーコンピュータ『京』は、ご存じの方も多いと思うが、文部科学省の主導で、理化学研究所と富士通が共同開発したものだ。

2009年に例の“事業仕分”で一時プロジェクトが凍結されたものの、その後予算復活し、2012年に完成。

その計算能力はすこぶる高く、1秒間に「10ペタ(10の16乗)=1京回」(10ペタフロップス)の計算が可能だ。

これは、地球の全人口約70億人全員が、電卓を使い24時間不眠不休で1秒間に1回ペースで計算を続けても、約17日間かかるほどの計算量。

『京』は、これをほんの1秒間でやってのける。まさに“スーパー”の名に恥じないコンピュータなのだ。

1ページ目から読む