タイヤに触覚がついたら、彼女はどんな顔をするんだろう

世界初、タイヤが路面状況を把握する技術「CAIS」

2015112502_02

source:http://www.bridgestone.co.jp/

 

ブリジストンは、タイヤセンシング技術『Contact Area Information Sensing(CAIS)』という、路面状態をリアルタイムに把握するタイヤを開発。

乾燥、半湿、湿潤、シャーベット、積雪、圧雪、凍結といった7つの状態を判別することを可能とした。

タイヤトレッド面に装着された加速度センサーは振動を検知し、タイヤ摩耗状態や路面状態を判別する。これは空気圧センサーTPMSと組み合せることで、さらに精度の高いタイヤマネジメントが可能だ。

今はセンサーと解析装置だけであるが、今後これを応用することで様々な安全技術装置、ドライバーの運転サポートが実現できる画期的なセンサーである。

1ページ目から読む