iPhoneを通じた画期的医療研究。「ResearchKit」対応アプリが日本からも登場

国内初のiPhoneアプリを使った臨床研究

その先陣を切ったのが、慶應義塾大学医学部内科学教室だ。

同校では不整脈・脳梗塞を早期発見し、防ぐことを目的として『Heart & Brain』というアプリを『ResearchKit』を用いて開発した。

この『ReasearchKit』では、iPhoneについている加速度センサーやジャイロといった様々なセンサーに加え、連携するApple Watchから心拍数などを取得する。

そしてデータと共に、アプリ上での質問事項を合わせて研究者側に送ることができるというものだ。

これまでもそういったデータを取得することは可能だったが、個人でそのデータを活用する方法が存在しない。

そこで、データ活用できる医療機関などが集計を行い、専門的視点から見ることで個人の病気の防止や、定量データとして活用するというのがこの『ReserachKit』の役割なのである。

1ページ目から読む