GoProより小さい!水中撮影もスマホ連動もOKな世界最小4Kカメラ「Mokacam」

スマホ専用アプリもあり簡単にシェア

また、スマホに専用アプリをインストールすれば、撮影中の動画や画像を簡単にシェアすることもできる。

バッテリーは超小型のリチュウムイオンで、フル充電での撮影時間は1時間。

オプションとしてマグネットで簡単装着できる1,100mAhのバッテリーもあって、これを使えば撮影時間は4時間になる。

また、家の壁などにセットしてセキュリティモードにすれば、最長8時間の録画も可能だ。

screenmode

source:https://www.indiegogo.com/

 

カラーは、ブラック、ゴールド、ブルーの3色。オプションとしては他に、270°回転するビュースクリーンもあり、これも使い勝手はかなり良さそうだ。

現在、この『Mokacam』は、米クラウドファンディングサイト『INDIEGOGO』で、先行販売キャンペーン中。

今なら本体定価196ドル(約2万円)が99ドル(約12,000円)で購入可能だ。

 

【参考・画像】

※ The World’s Smallest 4K Camera – Mokacam – Indigogo

【動画】

※ Mokacam Ad on IndieGoGo – YouTube

【関連記事】

※ カメラの常識完全崩壊!一眼レフの画質に匹敵するスマホサイズの16眼コンデジ

※ スマホでカメラマン気分を味わえる「olloclipの4-in-1レンズ」が、iPhoneカラーの新色を発売!

※ 空を自由に飛ばせちゃうって!? あなたのスマホをドローンにするという無謀すぎるプロジェクト

※ ガジェット好きなら見逃せない!「360°全天球撮影の4Kカメラ」がスゴい

※ スマホ連携で楽しさ倍増!データドリブン型アクション車載カメラ「Waylens」

1ページ目から読む