一般人は購入厳禁!? 出土品の文字も判読する超ニッチな「歴史考古学専用カメラ」登場

木簡の文字を判読する

我が国日本は、世界的に見ても重要な史跡を数多く持つ国だ。開発工事のために地面を掘り起こしたら、古代の人物名が書かれた木簡を発掘してしまった、ということもある。

今もそのような木簡や壁画が、どこかに眠っているかもしれない。だがそうしたものは、長年の劣化で絵や文字が判別しづらくなっている。

そこでリコーは、出土文化財撮影専用カメラ『PENTAX 645Z IR』を市場投入した。

PENTAX_645Z_IR

source:http://news.ricoh-imaging.co.jp/

 

これはプロカメラマンからの評価の高い『PENTAX 645Z』をベースにしたもので、その機能は赤外波長域の撮影に特化している。すなわち、人間の目で捉えることのできない光を映す機能だ。

木簡の場合は、墨で書かれた文字がすっかり劣化して、肉眼では判読できないということがよくある。

だが『PENTAX 645Z IR』で撮影すれば、それがはっきりと浮かび上がるそうだ。

IR_sample

source:http://news.ricoh-imaging.co.jp/

 

上の写真を見る限り、消えかけている文字がかなり色濃く映されるようだ。こうしたことは一昔前までは、研究所の中の巨大な機械がやる仕事だった。

筆者もかつて発掘現場で働いていたことがあるが、出土したものを一度研究所に持ち帰って鑑定する、という作業はそれだけでも短くない時間を要した。

そうしたことが、現場にいながら行えるようになったのだ。歴史考古学の大きな進化である。

1ページ目から読む