一般人は購入厳禁!? 出土品の文字も判読する超ニッチな「歴史考古学専用カメラ」登場

専門機関向け販売

ちなみにこの『PENTAX 645Z IR』は、一般向けの販売はされない。あくまでも専門機関や官公庁のみを対象にした製品で、発注の際に使用契約書を取り交わす必要がある。

やはりこれは、悪用される恐れがあってのことだろう。暗視スコープも最新の製品は一般販売が規制されている。

だがそれでも、『PENTAX 645Z IR』が我々一般人に与える影響は、決して小さくはないだろう。

我が国は古い歴史を持ち、身近な所に史跡が存在する。それが故に遺跡や文化遺産の非破壊鑑定技術は、常に世界トップレベルに君臨している。

大袈裟ではない。日本の考古学研究機関は、ヨーロッパにも鑑定作業員を派遣している。

今後も日本は、歴史考古学の最先端テクノロジーを牽引していくだろう。

 

【参考・画像】

※ PENTAX 645Z IR – リコーイメージング

【関連記事】

※ カメラの常識完全崩壊!一眼レフの画質に匹敵するスマホサイズの16眼コンデジ

※ 安い、小さい、簡単、多機能!こんなホームセキュリティーカメラを待っていた!

※ ビデオ自撮りも可能!一眼レフをスマホで遠隔操作できるデバイス「Pulse」

※ GoProより小さい!水中撮影もスマホ連動もOKな世界最小4Kカメラ「Mokacam」

※ スマホでカメラマン気分を味わえる「olloclipの4-in-1レンズ」が、iPhoneカラーの新色を発売!

1ページ目から読む