ボルボ×マイクロソフト開発の「3Dホログラム」はカーライフを変えるか

ボルボがマイクロソフトと3Dホログラムを共同開発

ボルボがマイクロソフトで共同開発している『HoloLens』は、単なるヘッドマウントディスプレイではなく、現実の場所に映像を投影する複合現実(MR, Mixed Reality)。

ここで投影される3Dカーコンフィギュレーターは、まるでそこに実車があるかのようなリアリティで、自分好みの一台を作りあげることができる。

これまでカーディーラーにいって実車をみながら、タブレットのカーコンフィグレーターを操作していたことが、この『HoloLens』があれば実車不要でどこでも可能となるため、極論すればカーディーラーではなく、ショッピングモールや繁華街、自宅前といった場所でも商談ができることだろう。

むしろ、そういった現実世界の場所にホログラムを投影することで、街に溶け込む色合いや佇まいというのを、実際に確認することができる。

1ページ目から読む