ボルボ×マイクロソフト開発の「3Dホログラム」はカーライフを変えるか

応用範囲が広い3Dホログラム

今回ボルボは、来年デビューする予定の新型プラグインハイブリッド車『S90』の3Dホログラム先行公開を行ったが、これはまだ序章に過ぎない。

3Dホログラムは単なるカタログ、カーコンフィギュレーターに留まらず、将来的には自動車のインターフェースをも変えうる可能性をもっている。

複合現実により現実の映像に情報を重ね合わせたり、見えない映像を作りだしたりということも可能だろう。ボルボは終始安全を追求しているメーカーで、交通事故ゼロへの取り組みを行っている。

マイクロソフトとの協業ははじまったばかりで、今後引き続き関係を強化していくという。

戦闘機のパイロットのように、我々も自動車を運転するときには、特別なゴーグルを付ける時代が来るかもしれない。

 

【参考・画像】

※ ボルボ、マイクロソフトと3Dホログラムを活用した次世代自動車テクノロジーを共同開発 – ボルボ

【関連記事】

※ 【未来予想図2050】トヨタの「2050年の未来」に向けた6つのチャレンジ、PHV・FCV・EVの時代に

※ 【注目の東京モーターショー】トヨタの新発想!ニューレトロなコンセプトカー「KIKAI」

※ Googleの自動運転車は「お先にどうぞ」と歩行者にサインを送る

※ タンデム化したトヨタ「i-ROAD」を渋谷区で実証実検開始

※ 子供でも運転できる本物のFCV「MIRAI」がお台場MEGA WEBに登場

1ページ目から読む