10年連続「革新的企業」1位のApple。上位を見ると浮かびあがる自動運転車への期待

IT系企業に食い込んできた自動車メーカー

『もっとも革新的な企業』(The Most Innovative Cpmpanies 2015)のランキングを発表したのは、コンサルティング企業のBoston Consulting社だ。

1位のAppleは、見事に10年連続で1位を維持しており、さすがと言うほかない。

ランキングの決め方は、世界中の1,500人のCEOにインタビュー調査を行い、この5年間の株主への配当金額や業績の伸び、利益の伸びが考慮して選ばれている。

さすがにAppleは、iPodやiPhoneをはじめApple Watchなどなど斬新かつユニークな製品を投入してきただけあって、新たな市場を開拓し続ける先駆者として、世界中のCEOも認めざるを得ないだろう。

また、時価総額で世界一の記録を維持していることからも、Appleの1位は全く違和感が無い。

 

他にも、やはりIT系の雄であるGoogleやMicrosoft、Amazonなどがベスト10に入っていることも、大方の予想通りであろう。

それだけに、3位のテスラモーターズ、6位のトヨタ、7位のBMW、10位のダイムラーといった自動車メーカーがベスト10に食い込んでいることが強い印象を与えている。

1ページ目から読む