10年連続「革新的企業」1位のApple。上位を見ると浮かびあがる自動運転車への期待

自動運転への技術革新が期待されている

自動車メーカーが革新的な企業に選ばれているのは、近年の自動運転への技術開発競争が激化していることを反映している。

見方によっては、自動運転の技術開発競争の激化は、自動車メーカーだけではなく、AppleやGoogleの順位にも影響を与えていそうだ。

つまり、『もっとも革新的な企業』の上位は自動運転関連企業が多く占めているとも言える。

なにしろ、自動運転を実現させるには総合的な技術開発が必要になる。

環境を認識するための3D網羅認識技術として、レーザースキャナによる3D計測やカメラの高性能化、そしてハードとソフトの性能向上が必要になる。

また、現在の平面的なカーナビだけで無く、3次元の地図情報も必要になってくる。

 

以上の様に、自動車産業は今後、様々な分野の技術革新を必要とする産業であると注目されている。

自動運転は様々な分野の活性化のみならず、世の中を変えてしまう可能性も秘めているのだ。

今後も、自動車メーカーや自動運転関連企業はますます注目されるだろう。

 

【参考・画像】

※ The Most Innovative Cpmpanies 2015

※ Andresr / Shutterstock

【関連記事】

※ 【未来予想図2020】自動運転で婚活男子ピンチ!? 吉田由美が語る自動運転の是非

※ 自動運転への布石で来年6月、国交省がミラーレス解禁か?

※ Googleの自動運転車は「お先にどうぞ」と歩行者にサインを送る

※ 過熱する自動運転技術開発競争まとめ。自動車は人工知能(AI)の夢をみるか?

※ 研究段階から実用段階へ!東京モーターショー2015で自動運転技術に注目

1ページ目から読む