日本カー・オブ・ザ・イヤー「ロードスター」は何がスゴかったのか

「ロードスター」の誇る歴史

一方マツダ『ロードスター』は4代目となる。先代のNC型は4シーターのRX-8をベースに開発されたため、シャーシが大きく重く、エンジン排気量も2,000ccまで拡大された。

もともと軽量コンパクトが売りであった『ロードスター』の持ち味がモデルチェンジを繰り返して薄らいできており、その存在感も希薄となっていた。

おりしもリーマン・ショックの影響により新型ロードスターの開発は一時凍結、その後マツダの屋台骨となる『SKYACTIV TECHNOLOGY(スカイアクティブ・テクノロジー)』の登場を待つこととなる。

経営状態も回復し、満を持して開発を再開した『ロードスター』は原点回帰、初代NA型を彷彿とさせる軽量コンパクト化を目標とした。

そのアプローチは地道な積み重ねであったが100kg以上の減量に成功、エンジンは1,500cc、131馬力と先代モデルの2,000cc、170馬力よりもパワーダウンしたが、軽快な走りを取り戻している。

ロードスターと『S660』の大きな違いはその歴史にあるだろう。マツダが『ロードスター』を26年間、途切れることなく連綿と生産、継続して改良してきたのに対し、ホンダは常にゼロスタートだ。

『S500/600/800』と『S2000』の間、そして『S660』にコンポーネントの共通性はない。歴史はいつもブツ切れである。

 

これは何も悪いことではない、海外をみてもVW『ビートル』、BMW『MINI』、『FIAT 500』などなだたる名車が現代に復活した場合は、いずれもゼロスタートだ。

BMW『MINI』、『FIAT 500』が成功したのはそのアイコニックなデザインと、根底に流れるフィロソフィー、遺伝子を受け継いだからに他ならない。

 

継続は力なり

マツダ『ロードスター』は手頃な値段のFRオープンカーとして、世界中で受け入れられた。

その歴史を紡ぎ、今後も続けていくことを予感させること、これが他の車にない価値に違いない。

継続は力であり、歴史である。

 

【参考・画像】

CAR OF THE YEAR JAPAN 2015-2016

【関連記事】

※ 環状交差点が普及するヨーロッパと、これから普及する日本の未来

※ 10年連続「革新的企業」1位のApple。上位を見ると浮かびあがる自動運転車への期待

※ 師走へ突入!年末年始に自分でできる愛車の冬支度ポイント5つ

※ 自動運転への布石で来年6月、国交省がミラーレス解禁か?

※ 【未来予想図2020】自動運転まであと4年?2016年の自動車業界に期待したいこと

1ページ目から読む